さらに費用を抑えるには

ここでは、さらに費用を抑えるための手段を見ていきましょう。まずは、ごく基本的なことですが、より安く合宿免許に参加できる時期を選ぶということです。合宿免許に参加できる学生の数が少なくなると思われる、一般的な長期休み以外の時期には、合宿免許の費用も低くなる傾向にあります。例えば秋休みや入試に関する休みなど、他の学生とかぶる確率が低い休みがあるなら、費用を抑えることが可能です。

また、合宿免許の特徴でもある宿泊に関しても、選び方によっては費用を抑えることができます。相部屋を選択すれば料金は下がりますし、学生の友人同士で相部屋に宿泊するプランを選べば、学割とグループ割に加えて宿泊の割引も受けることができます

食事無しプランがある合宿免許を選ぶことも費用を安くする手段です。ただ、レストランに行けば食事ができるというわけにはいかないため、単なる費用の節約のためではなく、外食が続くことに不安を感じる、自炊に慣れていて料理が気分転換の手段になるといった人にお勧めしたいプランです。買い物に行って自分で食事を作れば、ちょっとした生活の気分も味わうことができます。

充実した夏休みにするために、合宿免許もぜひ計画の候補に入れてみてください。時期をずらすことで費用が下がるので、夏休みでなくても学生でいる間に参加できるように計画するのもよいでしょう。