運転免許を取るなら合宿で

学生生活の中で、アルバイトに遊びに、時には勉強に、と休みならではの予定が多いこととは思いますが、運転免許を取りたいと考えているのであれば、夏休みこそ絶好のチャンスなのです。とはいえ、教習所に通うのも暑いと思うと二の足を踏んでしまいますよね。そんな学生の皆さんにお勧めなのが、合宿免許です。

合宿免許は、教習所の近隣に住んでいる人は入校できないという制限があるため、自宅からある程度離れたところの教習所内(または近辺)に宿泊しながら、集中的に教習を受けることができるプログラムです。卒業検定合格までにかかる時間は、普通車AT免許の場合で2週間ほどです。

免許の取得を考えるとき、学生の立場としてまず気になるのは費用でしょう。自宅から教習所に通う場合、卒業検定を終えるまでには30万円前後かかると言われています。合宿免許の場合は宿泊や食事も含まれるためより多くかかりそうなものですが、実は、費用の点でも合宿免許は学生さんにお勧めなのです。

合宿免許では、入校から卒業までの教習や検定のプログラムがあらかじめ決定されています。余剰の人員を配置する必要がないのは、教習を行う側にとっても大きな利点なのです。短期間で教習が終わり、教習生が入れ替わるのも大きな特徴ですが、これも効率よく教習を行うことにつながり、費用を抑える効果があります。また、教習所やプランにもよりますが、補習を受けるなどして教習期間が延びた場合の保証をつけられる場合もあり、運転に自信がない人も安心して始められるようになっています。